寝具と睡眠

睡眠は1日の3分の1を占めます。快眠できるかどうかによって、翌日の体調や気分が変わってきます。誰でも快眠したいと考えているはずです。快眠のためには寝具と環境が重要なポイントとなります。

 

 

それでは、どのような寝具を選べばいいのでしょうか。ベッド選びについて考えてみましょう。常識的なことですが、大きさは自分の身長以上でなければなりません。真直ぐ寝ることができなければ、それだけで安眠を妨げるのです。寝具売り場などに行ったら、ベッドに座ってみるといいでしょう。マットレスの硬さが重要だからです。自分の体重とスプリングの硬さがフィットしていなければなりません。必要以上に沈み込むと背骨が曲がりやすくなりますから、適度な硬さが必要なのです。おすすめは、モットンのマットレスです。また、夫婦でダブルベッドに寝る場合は二人の体重によって、振動が変わってきます。相手の寝返りが振動となって、安眠を妨げてしまうのです。体の体重を分散させてくれる仕組みを持ったベッドがいいベッドと言えますね。

 

ベッドの内部構造についても考えておきましょう。一般にはスプリングが内部に入っていますが、その上下にはマットレスが詰められています。体重を分散できて、振動を起こさないような構造が必要なのです。人が横になるとお尻の部分が一番重くなると言われています。毎日の睡眠でマットレスのお尻の部分が弱くなることがあります。したがって、数か月毎に上下を反対にして使用するといいようです。また、汗をかきますからベッドパッドはこまめに洗濯したいものですね。シーツとマットレスの間にベッドパッドを必ず敷いてください。