寝ている間に腰痛対策 高反発マットレス モットン

日本の体型に合わせて設計された高反発マットレス「モットン」。

 

モットンを購入するなら、モットンの公式サイトが安心でおすすめです。
今なら、2万円引きで購入できます。

 

 モットンの公式サイトはこちら

 

朝起きると腰が痛いと感じていた人が、モットンを使い始めて「朝起き上がるのが楽になりました」と口コミで話題になっています。

 

モットンは自然な寝返りをサポートし、発砲する泡の大きさを調整する事で、高い通気性を実現し、快適な寝心地となっております。

 

モットンの特徴

 

  • 体圧分散に優れ、腰への負担を最大限に軽減
  • 8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
  • 適正な寝返り回数を実現
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので、清潔で安心
  • 思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

通常、高反発マットレスは敷布団やベットマットレスの上に置く事を想定して4cmで設計されています。しかし、モットンは厚みを8cmにする事で、敷布団を必要とせず、畳や床に直接置いて使用する事を可能にしました。また、8cmの厚みにした事で、横になった際に、体をふんわり押しあげてくれるような思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地となっています。


 

モットン到着後、わずか30秒で使用可能。3つ折り収納も可能で収納場所を取りません。

 

モットンの口コミ

前から腰痛に悩まされていましたが、マットレスをモットンに変えてから、腰痛の痛みが軽減されました。寝心地もいままで使っていたものより数段良かったです。

高反発マットレスで理想的な睡眠を得る

睡眠は、人間の健康を保つ為に効果的な手段です。質の良い睡眠を行うには、ベッドやマットレスの選び方が大切になってきます。高反発マットレスは、硬めに作られていますが、その為に睡眠時の姿勢を理想的なものに保ってくれるといったメリットをもたらしてくれます。睡眠を行っている時間は比較的長いですので、人間は常に寝返りをうったり、姿勢を変えたりしています。睡眠時の姿勢によっては、却って、疲れが増してしまう事がありますので、疲れを解消する姿勢で睡眠を行うようにした方が良いです。

 

高反発マットレス(モットンなど)は、長時間に及ぶ睡眠時の姿勢を正しい物にしてくれる事で、起きた時のスッキリ感を感じる事が出来ます。高反発マットレスを販売しているメーカーは多く、それぞれ独自のアプローチで製品開発を行っていますので、実際に商品を見る事が出来るのであれば、商品を確認してから購入をした方が良いでしょう。おすすめは、モットンです。布団やマットレスの好みは、人によって違いますが、正しい姿勢で睡眠をしたい人にとっては、高反発マットレスは最適な商品と言えます。

マットレスで腰痛改善

腰痛を改善するためには適切な運動が必要ですが、寝る時の姿勢が腰痛の原因となる場合もあります。夜中は長時間同じ姿勢となっていますが、腰に負担がかからない状態です。この時に腰の疲れが完全に取れるようにすることが大切です。

 

腰痛改善グッズはいろいろなものがありますが、マットレスが重要な役割を果たします。それでは腰痛改善のために効果の高いマットレスとはどのようなものでしょうか。ポイントを押さえて、購入するようにしましょう。モットンが個人的にはおすすめです。

 

マットレスが体に合っていない場合、どのようになるでしょうか。背中や腰が痛くなったり、寝返りが打ちにくかったりと腰痛の原因となります。結果的に十分な睡眠を取ることができず、疲れを翌日に持ち越すことになります。これでも疲労が蓄積して、腰痛の原因となってしまうことでしょう。

 

マットレスには適度な硬さが必要です。横になった時に背中やお尻が沈み込んでしまうマットレスは弾力が弱すぎます。マットレスの反発力が適切であれば、ぐっすりと眠ることができるのです。マットレスは価格だけを見て購入してはいけません。

 

また、旅行などで家のベッドと違うマットレスでは十分眠れない人も多いでしょう。体が適度なマットレスを求めているのです。ただ、マットレスを購入する前に、試してみることはあまりできませんね。宣伝の記事などを参考にして決めるしかありません。口コミで人気のモットン。低反発クッションが話題となってから、かなりの年数が経ちますが、現在ではそれ以上の素材が登場しています。高密度弾性素材です。体の圧力を分散させてくれる優れものです。

 

柔らかい布団やベッドは寝心地が良いので寝具としても良いものと思われがちですが、実は腰痛を起こしやすくなります。それは腰が沈みやすく反りやすくなるからです。腰が沈むと腰に必要以上に負担がかかってしまいます。特に寝ている状況の中では体は無防備で意識がないため益々腰痛を悪化させてしまうのです。

 

あまり硬い布団も問題ですが、せんべい布団と昔呼ばれていた様な適度な硬さの寝具の方が実は体には良いのです。適度な寝具を選ぶことが腰痛予防や改善につながります。枕も同じです。人の背骨は良く見ると緩やかなカーブを描いています。これを保った状態の寝方が体に優しいといわれますが、枕もこのカーブを壊さない寝方が出来る高さを選ぶのが理想的だといわれています。高反発マットレスならモットン。

 

また、寝方はどうでしょうか。腰痛に良い寝方はあるのでしょうか。これも腰に負担のかけない状況を作ることが一番です。仰向けは特に柔らかい布団だと腰を沈めるので良くありません。横向けにひざを少し曲げて緩やかなカーブを保ちながら寝るのが良いといわれています。この場合、両膝の間にクッションを挟むとより腰に負担がかからなくなります。腰痛で悩まれている方は一度、寝具や寝方の見直しをしてみるのも良いかもしれません。

更新履歴